学生が「海外インターンシップ支援事業報告会(長野県実施)」にて、小岩副知事に参加報告を行いました

2019.11.14 Thu
ニュース
ニュース
海外インターンシップ支援事業報告会に参加した学生たち

長野県が行っている海外インターンシップ支援事業に参加したグローバルマネジメント学部1年の青木菜々恵さんが、11月13日(水)、長野県庁を訪れ、小岩副知事に参加報告を行いました。

青木さんは8月、株式会社近藤紡績所のベトナム事業所で7日間のインターンシップを経験しました。
「途上国支援の仕事に興味があり、海外インターンシップに参加しました。現地工場では、綿から糸になる工程を学びました。現地では、スタッフと積極的にコミュニケーションをとろうと思い、休憩時間を利用した折り紙教室を企画、提案したところ、皆さんが協力してくれて、2回開催出来ました。参加者全員が喜んでくれて、言葉は通じなくても、心が通じたと実感できたことがとても嬉しかったです。この経験を活かし、将来は長野県に貢献できるよう、今後の学生生活を頑張ります。」と報告しました。

小岩副知事からは、ご自身が学生時代に海外に行かれた経験談や、学生生活の中で学ぶべきことへのアドバイスなど、多くのコメントを発表した学生全員に頂きました。