パプアニューギニア・ソロモン諸島の学生との交流が行われました

2019.01.23 Wed
ニュース
ニュース

 1月22日(火)、JENESYS2018(対日理解促進交流プログラム)の一環で長野県を訪問した、パプアニューギニアとソロモン諸島からの大学生および大学院生24名と本学グローバルマネジメント学部の学生が交流を行いました。同学部の真野教授による観光をテーマにした講義を合同で受け、その後、自由に意見交換を行い、最後は、パプアニューギニアとソロモン諸島からの学生による踊りのパフォーマンスが披露され、大変盛り上がりました。