海外プログラム概要

2年次の全学生が、海外において語学に加えて、専門分野の学びを効率よく体験できる短期研修プログラムです。

約2~4週間、2年次の全学生が海外において、語学に加え、専門分野の学びを深められる短期研修プログラムです。
学科によって訪ねる国も、現地で体験できる具体的な学びも細かく分かれ、将来への学びにつながる体験を通して、実践力や国際人としての視野、たくましさを獲得する狙いがあります。

グローバルマネジメント学部 グローバルマネジメント学科と健康発達学部 食健康学科は2年次2学期に、健康発達学部 こども学科は2年次3学期に訪問します。

海外プログラムのねらいと特色

専門分野の学びへとつなげ、グローバルな視野を養う

1年次に培った力を基礎として、単なる語学研修ではなく、2年次以降本格化する専門分野の学びの動機づけ、視野の広がりを獲得することをめざしています。

たくましい人間力の獲得

異文化体験や英語によるプレゼンテーション、現地の学生や専門家との交流を通じて、異文化を理解する力や英語による発信力、自ら課題に立ち向かうたくましさの獲得をめざします。さらに学生たちが同じ体験を共有することで自立し、協働できる学生に育っていくこともねらいとしています。

ミズーリ大学 コロンビア校
リンカーン大学
AICクライストチャーチ工科大学
レスター大学