奨学金制度等

奨学金について

日本学生支援機構と地方公共団体及び民間育英団体等による奨学金制度があります。
いずれの奨学金も、人物・学業に優れ経済的理由により修学が困難である学生に対して貸与(返還の必要があるもの)又は給付(返還の必要がないもの)されます。

日本学生支援機構

1.奨学金の種類

貸与型

「第一種奨学金」(無利子)
優れた学生であって経済的理由により修学に困難があるもののうち、文部科学省令で定める基準及び方法に従い、特に優れた者であって経済的理由により著しく就学に困難があると認定された者。

「第二種奨学金」(有利子)
文部科学省令で定める基準及び方法に従い、大学その他政令で定める学校に在学する優れた者であって経済的理由により修学に困難があると認定された者。
※一種に比べ、選考基準は緩やかです。なお、第二種奨学金は、年3%を上限とする利子が付きますが、在学中及び返還期限猶予中は無利子です。

「入学時特別増額貸与奨学金」(有利子)
第1学年入学者(編入学者については入学年次)で条件を満たしている場合、希望により初回振込時に貸与月額に増額して貸与されます。
【10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択】

給付型

「給付型奨学金」
児童養護施設退所者等の社会的養護を必要とするもので、各高校等が定める推薦基準に基づき、高校等の学校長からの推薦を受けられる者。

2.募集期間

募集については、その都度お知らせするので、時期を逸しないように注意してください。

予約採用在学採用
  • 1年次4月
  • 1年次:4月下旬から5月上旬
  • 2年次以上:4月下旬から5月上旬

※予約採用者は高等学校等で「大学等奨学生採用候補者決定通知」を受け取った進学届を提出します。
※申請は、原則1年に1回です。
※上記のほか、家計の急変や災害を受けた等の理由で希望する場合は、随時採用することができます。

3.貸与月額 (平成30年度)

平成30年度入学者から、それぞれの状況に応じて必要な金額を貸与できるよう、第一種奨学金及び第二種奨学金の貸与月額が新設(下線付きの月額)されました。また、申込時における家計支持者の年収が一定額以上の場合は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。

貸与型奨学金 貸与月額給付型奨学金 給付月額
第一種
  • 自宅:20,000円・30,000円・45,000円から選択
  • 自宅外:20,000円・30,000円・40,000円・45,000円・51,000円から選択

  • 自宅:20,000円
  • 自宅外:30,000円
第二種
  • 20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・60,000円70,000円
    80,000円・90,000円・100,000円・110,000円・120,000円から選択

採用決定後

1.返還誓約書の提出
採用決定後「返還誓約書」の提出が必要となります。期限までに提出しない場合は、奨学金の振込が停止し採用取消となりますので、十分注意してください。

2.貸与期間中の異動・月額変更
休学、退学、留学等により学籍に異動が生じる場合、貸与月額の変更や、奨学金の辞退を希望する場合は、所定の用紙により手続きが必要となりますので、早めに学生サポートセンターに問い合わせてください。

3.継続願の手続
貸与期間中は、毎年1回(12月~1月頃)インターネットによる「奨学金継続願」の提出が必要となります。期限までに提出しない場合は、奨学金が廃止となりますので、必ず手続をしてください。「継続願」提出後、学業等について審査を行い、次年度奨学金継続の可否を決定します。

4.貸与終了時の手続
「貸与奨学金返還確認票」を受け取り、「リレー口座」加入申込の手続をしてください。

地方自治体・民間育英団体などの奨学金

地方自治体・民間育英団体などの奨学金は、大学を通じて募集を行うものと各団体が直接募集を行うものがあります。大学を通じて募集する奨学金については、随時掲示板等でお知らせします。
大学を通さずに募集する奨学金は、出身の都道府県や市区町村または奨学金団体等に直接お問い合わせください。

奨学金に関する諸注意

各種奨学金の募集・採用決定・手続、説明会に関するお知らせの連絡事項については、掲示板や長野県立大学ホームページより周知します。奨学金の貸与(給付)を希望する学生、奨学金を受けている学生は、いつ頃、どんな手続があるかを把握し、確認してください。入学当初から卒業まで奨学金の貸与を受けると、借用総額は相当な金額になります。奨学金を申し込む際は返還についても十分考慮してください。