食健康学科

栄養学を中心として食物や人体に関する専門知識・技術を修得し、エビデンス(科学的根拠)に基づいた栄養マネジメントを行うことができる実践力を養います。そして、高い倫理観やコミュニケーション能力を身につけ、人々の健康やQOL(生活の質)の向上に寄与する、人間性豊かな「食を通じた健康のプロフェッショナル」をめざします。

食健康学科について

管理栄養士の仕事は、Science & Artであると言われます。確かな知識と技術を基盤に、管理栄養士が様々な分野で必要とされる栄養マネジメントについて総合的に学修します。そのため、専門基礎科目と専門科目を系統的・段階的に配置しています。さらに、それらを実践に活かすための演習や実習にも力を入れ、基礎と実践の融合を図っています。しっかりとした土台(基礎)は、優れた実践を生み出します。また、経営的センスを身につけるために、グローバルマネジメント学部の科目(※)も導入しています。

カリキュラム

履修モデル

1.総合教育科目

科目区分1年次2年次3年次4年次
外国語科目

英語 ・英語 ・英語
基礎科目 コミュニケーション ・発信力ゼミ
情報 ・情報リテラシー

人文系科目、 社会系科目、 自然・情報系科目、
基盤科目の選択科目

・心理学 ・哲学 ・倫理学 ・教育学 ・言語学 ・文学 ・歴史(近現代)
・民俗文化論 ・文化人類学 ・音楽 ・国際関係論 ・社会学 ・憲法 ・経済学入門 ・社会保障入門
・数学的発想 ・生命科学 ・プログラミング基礎 ・IT活用論 ・デザイン思考 ・世界の文化と社会
・象山学 ・信州学 ・健康と運動科学 ・シーズンスポーツ ・グローバル教養ゼミなど

2.専門教育科目

科目区分1年次2年次3年次4年次
専門基礎科目

学部共通科目

・健康発達概論
・健康発達実習

・長野県健康社会史
導入科目 ・管理栄養士活動論  

・食文化論
・海外プログラム
・アカウンティング入門(※)
・経営学入門(※)

・リーダーシップ論(※)

社会・環境と健康

・食事調査法
・社会福祉学

・公衆衛生学
・公衆衛生学実習
・栄養疫学
人体の構造と機能
及び疫病の成り立ち

・臨床医学概論
・人体機能(生理)学
・解剖学実習
・人体構造(解剖)学

・生物学Ⅰ・Ⅱ
・生化学実験
・病理学
・生理学実習

・運動生理学
・運動生理学実習

食べ物と健康

・食品学Ⅰ・Ⅱ
・食品学実験
・調理学
・調理科学実験
・調理学実習Ⅰ・Ⅱ
・食品衛生学
・食品衛生学実験

・食品開発・品質管理論 ・食品・メニュー開発実習
・食ビジネス概論
・国際食文化論実習

専門科目

基礎栄養学 ・基礎栄養学Ⅰ・Ⅱ ・基礎栄養学実験
応用栄養学

・食事摂取基準
・応用栄養学Ⅰ・Ⅱ

・応用栄養学Ⅲ
・応用栄養学実習

栄養教育論 ・栄養教育論Ⅰ ・栄養教育論Ⅱ
・栄養教育論実習
・栄養カウンセリング演習
臨床栄養学 ・臨床栄養管理学Ⅰ

・臨床栄養管理学Ⅱ・Ⅲ
・臨床栄養管理学実習Ⅰ・Ⅱ
・臨床栄養管理学演習

公衆栄養学 ・公衆栄養学Ⅰ・Ⅱ ・公衆栄養学実習
給食経営管理論

・給食経営管理論Ⅰ・Ⅱ

・給食経営管理論Ⅰ・Ⅱ

総合演習 ・総合演習
臨地実習実験事前事後指導
臨地実習 ・臨地実習Ⅰ
(学校給食センター)

・臨地実習Ⅱ(病院)
・臨地実習Ⅲ(保健所)
・臨地実習Ⅳ~Ⅶ(福祉施設・
保育所・特別支援学校・事業所等)

ゼミナール・卒業研究

・ゼミナール

・卒業研究

3.教職科目

科目区分1年次2年次3年次4年次
栄養教諭に関する科目 栄養に係る教育に関する科目 ・学校栄養教育論
・学校栄養教育実践論

・学校栄養教育実習事前事後指導
・学校栄養教育実習

教職に関する科目 ・教職論

・教育原論
・道徳教育論
・発達と教育の心理学
・特別活動論

・教育課程論
・教育制度論
・教育方法論
・教育相談論
・生徒指導論
・教職実践演習

卒業後の主な進路(想定)

  • 行政機関(国、県、保健所、市町村保健センター等)
  • 医療機関(病院、クリニック等)
  • 福祉施設(老人福祉施設、児童福祉施設(保育所等))
  • 幼稚園、小・中・特別支援学校
  • 教育・研究機関(大学、研究所等)
  • 食品関連企業
  • 開業管理栄養士

取得可能な免許・資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養教諭1種免許
  • 栄養士

科目紹介

食健康学科長 中澤 弥子教授

調理学

食べること、好きですか。本授業では、まず、おいしさとは何かを学び、おいしい料理を作ることに役立つ食品の調味や、計量から始まる非加熱調理と煮る、揚げるなどの加熱調理の原理、調理器具・設備の使用法を学修し、食品の衛生・安全面、栄養面、嗜好面の各特性を高める調理理論と調理操作を身につけます。食事設計の基礎、献立作成、食事の配膳、供食に関する知識や技術を修得します。世界の食文化に関する幅広い知識も学修します。

稲山 貴代教授

応用栄養学

私たちは、乳・幼児期、学童期、成人期、妊娠・授乳期、高齢期など、ライフステージごとに身体特性が変わります。暑熱環境下やスポーツ時などでも異なってきます。本授業では、それぞれの健康課題を解決し、よりよい健康、生活の質(QOL)をめざすため、マネジメントサイクルにそった適切な栄養管理について学修します。専門的で確かな知識とスキルを身につけ、生涯にわたる食を通じた健康を支えるための論理的・科学的な思考力を身につけます。さらに本授業をふまえて実施する応用栄養学実習では、具体的なケースを想定し、総合的な問題解決能力を養います。

加藤 孝士准教授

発達と教育の心理学

2、3歳ぐらいになると、多くの子どもは「イヤイヤ期」を迎え、思春期の青年は「反抗期」を迎えます。このような心の動きには、どのような法則性があり、どのような意味があるのでしょうか。また、その時、どのような関わり(教育)が必要なのでしょうか。この問いのヒントを与えてくれるのが、発達心理学・教育心理学です。 本授業では、受精から死を迎えるまでの心身の発達や学習のプロセスをふまえ、加えて、障がいのある幼児、児童及び生徒についても理解を深め、一人ひとりに応じた教育の在り方を学修します。

アドミッション・ポリシー

(入学者受入方針)

食健康学科では、管理栄養士の資格取得をめざした教育を行います。その教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする、次のような資質・能力を備えた者を求めています。

  • 人との関わりを大切にし、楽しく豊かな食を創造する者
  • 人々の生命を支える食の営みを、科学的に探究することに情熱のある者
  • 管理栄養士としての専門性を生かして、長野県の健康長寿の発展に貢献したい者
  • 英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
  • 寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者
  • 栄養学の土台となる化学や生物などの基礎学力を身に付けている者

カリキュラム・ポリシー

(教育課程編成方針)

食健康学科は、教育目標を実現するための同学科のディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を身に付けることができるよう、次の特徴を有するカリキュラムを編成します。総合教育科目において、英語力と教養を身に付けるとともに、専門教育科目において、栄養士免許、管理栄養士の国家試験受験資格のほか、栄養教諭一種免許状が取得できるよう系統的・段階的な履修ができる編成とします。

  • 自ら課題を発見して、科学的根拠に基づいた望ましい食を提案する力を醸成するための食の現状と課題について広く学ぶ教育プログラム
  • 専門教育科目における専門基礎科目と専門科目を系統的・段階的に配置して基礎と実践の関係性を重視する科目体系
  • 学生が主体的に学ぶ姿勢を培うための演習におけるディスカッションの実施や実験・実習の充実
  • コミュニケーション能力やリーダーシップを涵養する科目の専門教育科目への配置
  • 論理的・科学的に考察する総合的な能力を高める卒業研究や、基礎的な知識・技術に基づいて実践力を高める総合演習
  • 即戦力となる能力を育成するための多彩な実習内容と時間を確保した臨地実習
  • 聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力を育成するための英語集中プログラムと異文化体験による視野の拡大、国際感覚、主体的な行動力を育成するための海外プログラム
  • 教員と学生が一体となって、教育・研究に取り組むための少人数教育の実施

ディプロマ・ポリシー

(学位授与方針)

食健康学科は、教育目標を実現するために設けた所定の専門教育科目と総合教育科目を履修することにより、次に掲げる資質・能力を身に付け、所定の単位を修得した者に学位を授与します。

  • 専門的知識と技術を身に付け、論理的・科学的に考察する力
  • 人との関わりを大切にし、食を通して人々の健康を支える力
  • 生涯にわたり、主体的な学びを継続する力
  • 食文化や食習慣について探究できるグローバルな視野を持ちつつ、地域において食を通じた健康に関する活動を実践する力
  • 管理栄養士としての倫理観に則り、ミッションを達成できる力